これからのマルチステージを実践する!

私たちは漠然と勉強することやチャレンジすることは若い時にやること、10代~20代の特権のように思ってはいないだろうか。
学校を卒業して就職して結婚して子育てしてという誰もが思い描く幸せのルートみたいなものに
違和感があり、そう思ったようにはいかないというのがどこかで分かっているが追っかけてしまうような感覚。

これから大切なことは、階段式の勉強する時期→働く時期→引退する時期→老後というライフステージがあるわけではない、
ということを自覚することだと思う。

やり遂げたいことのために勉強やチャレンジ、トライ&エラーをくり返すことは年齢に関係なくできる時代が来ている。

やり方や方法論はインターネットや書籍などにもあふれているし、
目的をもって情報を取りに行ってこそ意味があるものだと思う。

注意しなければならないことは、資格や得点などを取ることが目的になってしまっていないかということ。

経験を重ねた今のほうがやりたいことや自分にあった分野、身につけた経験、適正などが感覚的にわかっている。
踏み出すことと続けることをやる勇気をもつこと。

判断基準を他者に求めない、何を与えられるかを考える、言い訳を探さず、着実に進むこと。続けること。

今までは前の人たちを見本に1つのステージを進めばよかったが、
これからはいくつもステージ(マルチステージ)を作り出し進んでいく。
そこには若いからとか年を取っているからといった考え方は存在せず、
自分自身と向き合って何ができるのか考える自分主体の人生がある。

もはや定年や引退などといったこともなくなってしまう。生涯、社会に貢献する仕事をするのであれば、
その仕事が続けられる環境と条件を先を見据えて準備し、
100歳まで生きることが憂鬱になるよりわくわくする生き方を選びたいと思う。

職を探す人から作り出す人へ

最新情報をチェックしよう!